カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ


信楽の土のヒミツ


日本六古窯の一つに数えられる信楽焼き。

古くには、信楽大壺は最高峰の茶壺として

茶人に愛されたことでも知られています。

この信楽大壺は灰かぶりと言われた

釉薬をかけずに窯入れし、

薪の天然灰が窯の中で降りかかる事で

ガラス質が出来上がるという、

大変貴重な焼き物でありました。
 

信楽大壺 | 紫香楽製陶所

信楽大壺
ロサンジェルス ・
カウンティ美術館蔵


それでは、なぜこのような壺が

信楽でしか焼けなかったのか?

その答えは、土にあります。

信楽の良質な粘土層は、

なんと日本最大の湖、

琵琶湖によってできたモノなのです。

今から400万年前、

実は琵琶湖は今の信楽の地付近にあったのです。

そして、時間をかけて北上していきました。

その為、様々な養分が堆積し良質な粘土層が

信楽に残ったという訳です。

粘土層の中に含まれる養分は、

土そのモノの力として焼き上げると

様々な化学反応を起こし

緋色のような土味としてにじみ出てくるのです。

400万年前の時がつくりあげた自然の恵み、

それが信楽の土のヒミツです。