カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ


問屋のシゴト

 
紫香楽しがらき製陶所の創業は、

良質な信楽焼きを取り揃え、

飲食店への卸業、

つまり問屋からスタートしました。


磁器よりも温かみがあり、

料理を美味しく見せる陶器の器は、

昔からハレの食事の場で

使われることが多くその為、

食通が集まる和食店で使用される事が

少なくありません。


ちょっとした料理でも、盛り映えすること。

器が重ねやすく、嵩張かさばらず収納できること。

表面に汚れがつきにくく洗いやすいこと。

大量の在庫をかかえできるだけ早く発送できること。

手づくりでも、いつも同じ器をお届けすること。

そして、食洗機の使用にも耐えれること。


それが紫香楽しがらき製陶所で取り扱う食器の選定基準です。